読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kamuycikap - SentenceDataBase

日々の勉強の記録を気分で書き綴るブログ

SLIMEで利用するCommonLispの処理系を切り替える

SBCLとCLISPを切り替え

CommonLispについては、利用者として趣味レベルで遊んでいたレベルなんですけれど、近年発売された「Land of Lisp」が思いの外面白く、試す頻度が格段にアップしてます。

EmacsLispでツール作ったりするのとはまた違った楽しみがあり、Rubyとかで作るツールとの置換えとかになれれば面白いなぁと。

EmacsLispも強力ですが、CommonLispももっともっとスキルアップすると色々と楽しくなりそう。

知り合いに「EmacsLispなんて勉強しても意味無いじゃん!!なんでそんなの使うの??」

って言われてたんですが、返す言葉は

「楽しいから!!テキスト処理って面白いなぁ〜ってw」

なんですよね。

秀丸マクロやEmEditorでのCom操作Rubyも楽しいっちゃ楽しいんですけれど、EmacsLispに魅力を感じてしまった僕がいます。^^;

;;; ------------------------------------------------
;;; Common Lisp 開発環境(SLIME)の設定
;;; ------------------------------------------------
;; 日本語利用のための設定(Lisp 環境側の対応も必要)
(setq slime-net-coding-system 'utf-8-unix)
(setq inferior-lisp-program "clisp")     ; CommonLisp用 <-- sbclがインストールされている時はそれが優先らしい
(setq load-path (cons (expand-file-name "/usr/share/emacs/site-lisp/slime") load-path))

;; 処理系選択
 (setq slime-lisp-implementations
       '((sbcl ("/usr/bin/sbcl"))
         (clisp ("/usr/bin/clisp"))))
(require 'slime-autoloads)
(slime-setup)

この設定をすればおっけー。

いつもどおりに

M-x slime

とすると、sbclが起動する。
(setq inferior-lisp-program "clisp")って設定していても、sbclが優先されるみたい。

M-- M-x slime

このコマンドで処理系を選択できる。